APAFとは

APAFとは

APAFは、2002年に開始された「アジア舞台芸術祭」を前身に、2017年から東京芸術祭の1部門となった人材育成のプログラムです。アジアの舞台芸術を通じた相互理解と文化交流の促進、アーティストの相互交流による舞台芸術の創造と水準向上、優れた人材と作品の発掘と、アジアにおける芸術・文化の振興に貢献することを目指しています。10年間プロデューサーを務めた宮城聰に代わり、2018年から新たにディレクターとして多田淳之介が就任しました。

*APAFモデルチェンジについて
今年からAPAFはアジアの若いアーティストたちが集う場であった“Forum”から“Farm”へモデルチェンジします。アジアのアーティストたちによる作品上演の可能性を提示する「APAF Exhibition」、アートキャンプ形式による自立したアジアのアーティスト育成を目指す「APAF Lab.」の二つのプログラムを中心に、これからのアジアの舞台芸術シーンを耕すアーティスト、プログラムを輩出する、アジアの“Farm”が開園します。(APAFディレクター 多田淳之介)

ディレクター紹介

多田淳之介(ただ・じゅんのすけ)
Photo:平岩亨

1976 年生まれ。演出家。東京デスロック主宰。古典から現代戯曲、ダンス、パフォーマンス作品まで幅広く手がけ、現代社会に於ける当事者性をアクチュアルに問い続けている。子どもや演劇を専門としない人との活動、韓国、東南アジアとの海外コラボレーションも多数手がけ、演劇の協働力を基にボーダーレスに活動する。2010年より富士見市民文化会館キラリふじみ芸術監督に公立劇場演劇部門の芸術監督として国内歴代最年少で就任、3期9年間務める。2014年「가모메 カルメギ」が韓国の第50回東亜演劇賞演出賞を外国人として初受賞。青年団演出部。四国学院大学、女子美術大学非常勤講師。

APAF-3つのプログラム

○APAF Exhibition

「APAF Exhibition」では、昨年APAFの国際共同制作ワークショップに参加したフィリピンの演出家イッサ・マナロ・ロペス、京極朋彦を中心に、出演者として東南アジアや、日本含む東アジアから合計6名程度が参加してオリジナル作品を制作します。作品作りを模索する過程で、各参加者が従来慣れている環境から離れ、異なる演劇のあり方や創作方法について気づき、発見しながら、自分たちの集団的創作を試みます。
今後のアジアの舞台芸術を担う世代のアーティストが、国際コラボレーションによる舞台芸術の可能性を拓いていくことを目指しています。

○APAF Lab.

インドネシアのジョグジャカルタと東京にそれぞれ一週間ほど滞在し、観劇、レクチャー聴講、アートスペース訪問、ワークショップ、ディスカッション等を通して、互いの問題意識や作品創作における思考について理解を深めます。
滞在期間中はキャプテンと呼ばれるファシリテーターが、参加者みずからが課題を設定し、対話を通じてそれを掘り下げていく作業をサポートします。後半の東京滞在では、初日に中間報告会を行い、また最終日には一般公開でのプレゼンテーションを実施し、各参加者がラボで得たものを何らかの形で観客と共有します。
通常の作品上演とは異なり、完成度よりもそこに至るまでのプロセスや今後の可能性を重視する場となります。国境を越えた活動が求められていくであろう未来の舞台芸術界にとって、必要な人材や活動を育成するプログラムです。

○Young Farmers Camp

Young Farmers Campでは、20代というまだ「種」のインターン・アーティストたちが、APAFディレクターのファシリテーションのもとAPAFの国際的な創作や共同作業の現場に立ち会います。海外アーティストや同世代の参加者同士との交流によって、これからの活動につながる新たな視座の獲得を目指していくもの。ここから世界への、未来へのステップを始めます。

APAFの変遷

名称 開催都市 開催期間 参加都市・参加者居住地
第1回アジア舞台芸術祭 東京 2002年8月18日(日)~23日(金) 北京、デリー、ハノイ、クアラルンプール、マニラ、ソウル、台北、東京
第2回アジア舞台芸術祭 デリー 2003年11月2日(日)~7日(金) 北京、デリー、ソウル、東京
第3回アジア舞台芸術祭 ハノイ 2004年10月2日(土)~6日(水) 北京、ハノイ、ソウル、台北、東京、バンコク*オブザーバー都市
第4回アジア舞台芸術祭 台北 2006年11月29日(水)~12月3日(日) デリー、マニラ、ソウル、台北、東京
第5回アジア舞台芸術祭 マニラ 2007年11月25日(日)~27日(火) デリー、ハノイ、マニラ、ソウル、台北、東京
第6回アジア舞台芸術祭 ソウル 2008年10月6日(月)~9日(木) ハノイ、クアラルンプール、ソウル、台北、東京、バンコク*オブザーバー都市
第7回アジア舞台芸術祭 東京 2009年11月25日(水)~29日(日) ハノイ、ソウル、台北、東京
アジア舞台芸術祭2010(第8回) 東京(国際共同制作ワークショップ) 2010年10月31日(日)~11月9日(火) ソウル、台北、東京
アジア舞台芸術祭2011(第9回) ソウル、台北、東京 (東京は国際共同制作ワークショップEXTも開催) 2011年10月23日(日)~11月20日(日) ハノイ、ソウル、台北、東京
アジア舞台芸術祭2012(第10回) 台北(国際共同クリエーションプレ公演)、東京 2012年11月23日(金)~12月2日(日) デリー、ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、ソウル、上海、シンガポール、台北、東京、ウランバートル
アジア舞台芸術祭2013(第11回) 東京 2013年10月25日(金)~11月5日(火) バンコク、ハノイ、ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、ソウル、シンガポール、台北、東京
アジア舞台芸術祭2014(第12回) 台北、東京 台北:2014年8月13日(水)~14日(木)
東京:2014(平成26)年11月17日(月)~30日(日)
バンコク、北京、ハノイ、マニラ、ソウル、シンガポール、台北、東京、トムスク、ヤンゴン
アジア舞台芸術祭2015(第13回) シンガポール、東京 シンガポール:2015年10月29日(木)~31日(土)
東京:2015(平成27)年10月31日(土)~11月17日(火)
ドイツ、インドネシア、日本、韓国、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ、イギリス
アジア舞台芸術人材育成部門2016(第14回) シンガポール、東京、台北 シンガポール:2016年5月14日(土)~15日(日)
東京:2016(平成28)年11月18日(金)~21日(月)
台北:2016(平成28)年12月16日(金)~18日(日)
中国、インドネシア、日本、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ
APAF-アジア舞台芸術人材育成部門2017(第15回) 東京 2017年12月1日(金)~4日(月) 中国、インドネシア、日本、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ、ベトナム

お問い合わせ

APAF制作オフィス
MAIL:apaf@tokyo-festival.jp

PAGE TOP