APAF – アジア舞台芸術人材育成部門とは

APAF – アジア舞台芸術人材育成部門とは

APAFは、2002年に開始された「アジア舞台芸術祭」を前身に、2017年から東京芸術祭の1部門となった人材育成のプログラムです。アジアの舞台芸術を通じた相互理解と文化交流の促進、アーティストの相互交流による舞台芸術の創造と水準向上、優れた人材と作品の発掘と、アジアにおける芸術・文化の振興に貢献することを目指しています。10年間プロデューサーを務めた宮城聰に代わり、2018年から新たにディレクターとして多田淳之介が就任しました。

*APAFモデルチェンジについて
今年からAPAFはアジアの若いアーティストたちが集う場であった“Forum”から“Farm”へモデルチェンジします。アジアのアーティストたちによる作品上演の可能性を提示する「APAF Exhibition」、アートキャンプ形式による自立したアジアのアーティスト育成を目指す「APAF Lab.」の二つのプログラムを中心に、これからのアジアの舞台芸術シーンを耕すアーティスト、プログラムを輩出する、アジアの“Farm”が開園します。(APAFディレクター 多田淳之介)

APAF-2つのプログラム

○APAF Exhibition

「APAF Exhibition」では、昨年APAFの国際共同制作ワークショップに参加したフィリピンの演出家イッサ・マナロ・ロペス、京極朋彦を中心に、出演者として東南アジアや、日本含む東アジアから合計6名程度が参加してオリジナル作品を制作します。作品作りを模索する過程で、各参加者が従来慣れている環境から離れ、異なる演劇のあり方や創作方法について気づき、発見しながら、自分たちの集団的創作を試みます。
今後のアジアの舞台芸術を担う世代のアーティストが、国際コラボレーションによる舞台芸術の可能性を拓いていくことを目指しています。

○APAF Lab.

インドネシアのジョグジャカルタと東京にそれぞれ一週間ほど滞在し、観劇、レクチャー聴講、アートスペース訪問、ワークショップ、ディスカッション等を通して、互いの問題意識や作品創作における思考について理解を深めます。
滞在期間中はキャプテンと呼ばれるファシリテーターが、参加者みずからが課題を設定し、対話を通じてそれを掘り下げていく作業をサポートします。後半の東京滞在では、初日に中間報告会を行い、また最終日には一般公開でのプレゼンテーションを実施し、各参加者がラボで得たものを何らかの形で観客と共有します。
通常の作品上演とは異なり、完成度よりもそこに至るまでのプロセスや今後の可能性を重視する場となります。国境を越えた活動が求められていくであろう未来の舞台芸術界にとって、必要な人材や活動を育成するプログラムです。

ディレクター紹介

多田淳之介(ただ・じゅんのすけ)
Photo:平岩亨

1976年生まれ。演出家。東京デスロック主宰。富士見市民文化会館キラリふじみ芸術監督。古典から現代戯曲、ダンス、パフォーマンス作品までアクチュアルに作品を立ち上げる。「地域密着、拠点日本」を標榜し、全国地域の劇場・芸術家との地域での芸術プログラムの開発・実践や演劇を専門としない人との創作、ワークショップも積極的に行い、演劇の持つ対話力・協働力を広く伝える。海外共同製作も数多く手がけ、特に韓国、東南アジアとの共作は多い。主宰する東京デスロックは2009年以降東京公演を休止。2013年に東京復帰公演を行うも現在は2020年東京オリンピック終了まで再休止している。2014年韓国の第50回東亜演劇賞演出賞を外国人として初受賞。2010年キラリふじみ芸術監督に公立劇場演劇部門の芸術監督として国内史上最年少で就任。高松市アートディレクター。四国学院大学非常勤講師。セゾン文化財団シニアフェロー対象アーティスト。

 

APAFアジア舞台芸術人材育成部門ディレクター就任にあたり(2018年)

 

APAF-アジア舞台芸術人材育成部門

主催:東京芸術祭実行委員会〔豊島区、公益財団法人としま未来文化財団、フェスティバル/トーキョー実行委員会、東京芸術劇場・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)〕
共催:国際交流基金アジアセンター
令和元年度 文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業(豊島区国際アート・カルチャー都市推進事業)

お問い合わせ

APAF制作オフィス
MAIL:apaf@tokyo-festival.jp
TEL: 03-4213-4293(平日 10時~19時)

PAGE TOP