国際共同クリエーション

国際共同クリエーション

『ビューティフル・トラウマ〜Behind the Scenes〜』

前年の国際共同制作ワークショップで制作された小作品より 1作品をフルサイズの作品に発展させ上演するプログラム。
「化粧」というテーマのもと制作された、インドネシアの演出家ユスティアンシャ・ルスマナによる『ビューティフル・トラウマ〜Behind the Scenes〜』を上演します。

日時・会場

日時:11月9日(金)19:00〜11月10日(土)13:00〜
会場:東京芸術劇場シアターウエスト
申し込み:入場無料・要予約(10月6日(土)10時より)

【お申し込み受付中!】お申し込みはこちらから(ご希望の日時をクリックしてください)
11月9日(金)19:00〜

11月10日(土)13:00〜

演出家

ユスティアンシャ・ルスマナ (通称ティアン)
インドネシアの若手演出家。2003年、在学中より舞台でのキャリアをスタート。その後、Teater Ghantaに所属し、2009年に舞台公演を制作。同年、全国大学生演劇祭で最優秀演出家賞を受賞。ジャカルタ演劇祭では最優秀演出家賞を受賞(2013年~2014年)。2014年には、スイス・バーゼル市で開催された、暴力に抵抗する国際青少年キャンペーンImagine Das Festival Gegen Rassismusに若手演出家として参加。現在は、Teater Ghantaで芸術監督を務め、またスタン・タクディル・アリシャバナが討論している記録音源(1969年)をもとにしたシアター・アーカイヴス・プロジェクトの一環で『タクディルのマイクはない(原題:Tidak Ada Mikrofon untuk Takdir)』を共同で制作している。これは2018年10月ジャカルタの全国演劇週間中に上演を予定している。今年は、ティアンにとって2度目のアジア舞台芸術人材育成部門(APAF)参加となる。『Beautiful Trauma』を出品した去年に続き、アジア各国の複数の出演者と共同制作を行う。

演出家より

APAFの国際共同制作に二度もご招待いただき、とても光栄です。国を超えた共同作業では、様々なアートの方法論や創造的な思考の違いがあるという現実に対し、演劇こそがまさに我々の間に共通して存在するものであると確信できるような多くの出来事が起こります。アイデア同士のつながりを整理し芸術的な決定を下すまでの、緊張感を持った多くのやりとりを通じて互いに信頼感を抱きはじめる過程は、まるで様々な角度から光源が反射しあうかのようであり、まさにここから芸術から生まれるのです。私は演出家として、この共同作業を通じて生まれてくるアイデアはより進歩的であると創造しています。設定されたテーマの中から多くの視点を見い出し、美を舞台上に創造するために最善を尽くします。このような経験は、私の仕事に対する理解をさらに広げてくれることでしょう。演劇とは、疑問と無知との対話のプロセスにすぎません。そこには波に乗り大海を泳ぐような楽しさがあると思っています。APAFとすべての仲間たちに感謝を込めて。

出演

アブナー・T・デリーナ・ジュニア(フィリピン)

三方美由起(日本)

南波圭(日本)

パタウィー・テープクライワン(タイ)

八木光太郎(日本)

*アルファベット順

スタッフ

舞台監督:浦弘毅(ステージワークURAK)
演出助手:坂倉球水
音響:和田匡史
照明:島田雄峰(LST)
衣装:藤林さくら
スチル撮影:松本和幸
記録動画撮影:古屋和臣

PAGE TOP